ABOUT US会社概要

ABOUT US会社概要

日本法人の概要

社名 株式会社ロバート・ラスムセン・アンド・アソシエイツ
(Robert Rasmussen and Associates, Japan)
Rasmussen Consulting
事業内容 人材教育、キャリア開発、組織開発のコンサルティング、ファシリテータの教育、プログラムの共同開発 等
住所 〒102-0084 東京都千代田区二番町1-2 番町ハイム334
電話 TEL:090-8179-5757  
FAX:03-6380-9006
ホーム
ページ
http://www.seriousplay.jp
代表者
E-mail
support@seriousplay.jp
会社概要

設立年月日 2008年10月

代表取締役社長 蓮沼 孝
顧問 ロバート・ラスムセン
ラスムセン・アカデミー校長・取締役 石原 正雄
サービス デンマークのLEGO社とMIT Media Lab.が共同開発した人材・組織開発のユニークなプログラム(シリアスプレイ®)を主体とした研修企画、開発と提供、コンサルティングを実施しています。
特徴 日本における シリアスプレイ®実践のパイオニアであり、現在、このプログラムの開発、実施を提供できるリーディング企業です。
プログラムの主任開発者であり、ファシリテータの研修・指導を行う、ロバート・ラスムセン氏と提携し、顧問としてプログラムの監修等の協力を得ています。
顧客のニーズに合わせた、カスタマイズしたプログラムの開発と実施、企業内ファシリテータの指導も行うことができます。
主な実績 アシックス、KADOKAWA、コクヨ、博報堂、トヨタ自動車、JTB、日立システムズ、富士通、三井不動産S&T、メタルワン、西部技研、船井総研、武田バイオ、正興電機製作所、パルコ、日東電工、横河電機、グリー、福岡地所、人事院公務員研修所、JICA・海外青年協力隊、福岡市役所、北九州市役所、糸島医師会、日本青年会議所、日欧産業協力センター、東京芸術劇場、グロービス経営大学院、九州アジア経営塾、早稲田大学、九州大学、九州工業大学、東洋大学、関西学院大学、神奈川工科大学、御茶ノ水大学、実践女子大学。
Accentrure、Alstom、Behringer Ingelheim、Coach、Given Imaging、L'Oreal Japan、Microsoft、Novartis、Nihon Pall、Trend Micro、Synthess(現在 J&J傘下)、Volks Wagen等

リンク

>> ロバート・ラスムセン・アンド・アソシエイツ(デンマーク)

FACILITATORファシリテータ

ファシリテータとは?

ファシリテータとは人と人が集まって何かをしようとする時、対話・合意・行動への共創のプロセスを促す役割です。

蓮沼 孝

  • 株式会社ロバート・ラスムセン・アンド・アソシエイツ
  • 代表取締役社長
  • Trained facilitator of LEGO® SERIOUS PLAY® method and materials certified by LEGO company (2009).

ビジネスマンのキャリア開発、組織の改革、戦略策定に取り組む。九州・アジア経営塾にLEGO® SERIOUS PLAY®を使った経営幹部研修を導入。創造性開発や組織開発を促進するLEGO® SERIOUS PLAY®のポテンシャルに共鳴し、デンマークでファシリテータ資格を取得し、企業や大学でのプログラム共同開発・実践を行っている。三菱商事で国内・米国にて輸出入業務に従事後、グロービス経営大学院にて顧客開拓、論理思考や事業経営者養成のプログラム企画・開発、マレーシアの複合事業会社で事業統括に従事した経験を持つ。

早稲田大学理工学部卒、米国ペンシルバニア大学ウォートン校大学院修了(MBA)

共著:「戦略を形にする思考術 レゴ®シリアスプレイ®で組織はよみがえる」、徳間書店、2016

石原 正雄

  • ラスムセン・アカデミー校長
  • Trainer of Facilitator, Association of Master Trainers in the LEGO® SERIOUS PLAY® Method (Denmark)
  • Trained facilitator of LEGO® SERIOUS PLAY® method and materials certified by LEGO company (2006).

レゴブロックを使った新しい企業向け組織開発プログラム、 LEGO® SERIOUS PLAY® 実践のパイオニア。広告代理店、リテール企業、外資系金融機関等でLSPの指導を行う他、10数年に亘り、世界の青少年の創造性開発教育、STEM(理数・技術)教育に従事。日本やアジアで青少年の科学技術振興に取り組む。CSK、インタフリージャパン等での事業経験を持つ。ラスムセン・アカデミー校長。米国タフツ大学CEEOアドバイザリー(2012~2015)など大学研究機関とのつながりも深い。

国際基督教大学卒、米国ボストン大学大学院(経営情報システム)修士課程修了(MS)

共著:「戦略を形にする思考術 レゴ®シリアスプレイ®で組織はよみがえる」、徳間書店、2016

ロバート ラスムセン

  • Rasmussen Consulting 代表
  • LEGO® SERIOUS PLAY® マスタートレーナー
  • 株式会社ロバート・ラスムセン・アンド・アソシエイツ 顧問

デンマークに生まれ、1988年から2003年までレゴ社で研究開発の統括責任者として活躍。この間、MIT Media Labやタフツ大学との共同研究を通して、ロボット教材として有吊なLEGO® Mindstorms®などのプロジェクトを成功に導く。一方で教育理論「コンストラクショニズム」にもとづく社会人向け教育プログラムを欧米の大学や研究機関と共同で開発し、LEGO® SERIOUS PLAY® として完成させた。
現在はLEGO® SERIOUS PLAY® マスタートレーナー協会の代表として次世代のトレーナーやファシリテータの育成にあたるとともに、企業や大学向けにLEGO® SERIOUS PLAY® を応用した新しいプログラムを提供している。
ロバート・ラスムセンは世界中の企業や大学でマネジメント教育や人材開発教育の新しい地平を開くリーダーと見なされてる。これまでにLEGO® SERIOUS PLAY® を提供してきた顧客には Boston Consulting Group, ebay, GEI Consultants, Goldman Sachs, MIT, NASA, Pfizer, New Balance Athletic Shoesなどがある。

  • 著書:「Building a Better Business Using the LEGO® SERIOUS PLAY® Method」、Wiley, 2014
  • 共著:「戦略を形にする思考術 レゴ®シリアスプレイ®で組織はよみがえる」、徳間書店、2016
各地で活躍するファシリテータ 一覧

ACTIVITY日本法人及び海外法人の活動

ロバート・ラスムセン・アンド・アソシエイツはLEGO® SERIOUS PLAY®メソッド開発のアーキテクト、Robert Rasmussen の指導の元、LEGO® SERIOUS PLAY®メソッドを活用した研修プログラムを国内顧客へ提供する為に設立されました。

世界中の有名企業や教育機関で導入されているLEGO® SERIOUS PLAY®を日本でも受講頂けるよう、LEGO® SERIOUS PLAY® マスタートレーナー協会(デンマーク)からトレーニング修了認定を受けたファシリテータがLEGO® SERIOUS PLAY®メソッドを活用した研修プログラムのコンサルテーション、プログラム設計、プログラム実施などのサービスを総合的に提供しています。

北米では2003年に Robert Rasmussen and Associates社が設立され、Google, NASA、MIT、Pfizer、Boston Consulting Group 等、多数の企業、研究機関、大学等にLEGO® SERIOUS PLAY®を提供しています。

同社アソシエイツにはHarvard Business Schoolのディレクター(Executive Program)のJim Dowdやコーチングで活躍するCarol Rossも含まれています。

日本では蓮沼孝(元NPO法人九州・アジア経営塾プログラムディレクター)と当社ラスムセンアカデミー校長の石原正雄が2008年 10月、Robert Rasmussen を顧問として迎えて日本法人を設立しました。

2008年に、プロモーションと研修を開始し、現在では製造業から教育機関まで幅広い業種の顧客にLEGO® SERIOUS PLAY® メソッドを活用したワークショップを提供するとともに、LEGO® SERIOUS PLAY® マスタートレーナー協会公認のファシリテータ養成トレーニングをアジア地域で唯一日本語と英語で提供しています。