INFORMATIONインフォメーション

WORKSHOP公開ワークショップ

2019-10-01

公開ワークショップのご案内

【博多開催】イノベイティブなチームのための”踏み込む”コミュニケーション~レゴ®・シリアスプレイ®の技法と教材を活用したワークショップ~

※こちらのワークショップは、9/28(土)と同一の内容となっております。

イノベイティブなチームづくりのためには、まずメンバー一人ひとりから、それぞれが感じていること、考えていることを一歩踏み込んで引き出す必要があります。そして一歩踏み込むためには、「訊く」と「聴く」ということがキーになります。レゴ®・シリアスプレイ®の技法と教材を活用したワークショップでは、各自が創作した作品を通して話すことによって、相手が考えていること、感じていることに対して、たとえ本人がまだもやもやしている状態であっても、対話をしながら引き出すことができます。相手と直接対峙して話すとき、人は「どう思われるか?」ということに無意識に気をまわしてしまいがちですが、作品を介して対話をすることで、お互いに客観的に内面を見ていける状態になるのです。それが、ありきたりではない解を生み出し、メンバーのコミットメントを引き出すことにつながります。

こういった対話を経て出て来るアウトプットは、従来のものと全く異なります。そのチーム独特の、メンバーそれぞれの意見を反映した「特異解」であり、チームにとって重要な結論が導かれています。一部の人たちが満足しているだけで結果として誰もコミットメントしていない状態ではなく、メンバー全員の気持ちが入った当事者意識の高い結論が生まれるのです。これがイノベイティブなチームにとっては必須のプロセスです。

今回のワークショップは、次のような流れで進んでいきます。

ステップ1 踏み込んだコミュニケーションのための「聴く」&「訊く」トレーニング
ステップ2 レゴ®ブロックを活用したイノベイティブな集合知の生み出しかた
ステップ3 全員が当事者意識を持ち、確実に行動へ移すためのコミットメント

このワークショップを通して、個人として、自分自身が潜在的に感じていることを深く内観できるだけでなく、踏み込んだ「聴く」&「訊く」コミュニケーションを活用することで、チームのメンバーの意見を反映しながら未来像を生み出し、全員がオーナーシップを持てるチームづくりに役立ちます。

対象:
・チームリーダー、部下とのコミュニケーションに困っている人
・人を巻き込む必要のある立場の方(課長、主任、プロジェクトリーダーなど)
・組織そのもののアウトプットを変えたい人
・効果的なコミュニケーションの方法を体験したい人

【ファシリテーター】
蓮沼 孝 氏
( 株式会社ロバート・ラスムセン・アンド・アソシエイツ代表 )

詳細、お申し込みはこちらのリンクをクリック

 

『戦略を形にする思考術 – レゴ®シリアスプレイ®で組織はよみがえる』
徳間書店より発売中。Amazon電子版にてお読みいただけます。
レゴ®シリアスプレイ®についての初めての日本語解説書です。
平易な説明でレゴ®シリアスプレイ®の概要やメソッド開発の経緯を知ることができます。

2019-08-30

公開ワークショップのご案内

イノベイティブなチームのための”踏み込む”コミュニケーション~レゴ®・シリアスプレイ®の技法と教材を活用したワークショップ~

*現在の申込者数:13(2019-08-30)

イノベイティブなチームづくりのためには、まずメンバー一人ひとりから、それぞれが感じていること、考えていることを一歩踏み込んで引き出す必要があります。そして一歩踏み込むためには、「訊く」と「聴く」ということがキーになります。レゴ®・シリアスプレイ®の技法と教材を活用したワークショップでは、各自が創作した作品を通して話すことによって、相手が考えていること、感じていることに対して、たとえ本人がまだもやもやしている状態であっても、対話をしながら引き出すことができます。相手と直接対峙して話すとき、人は「どう思われるか?」ということに無意識に気をまわしてしまいがちですが、作品を介して対話をすることで、お互いに客観的に内面を見ていける状態になるのです。それが、ありきたりではない解を生み出し、メンバーのコミットメントを引き出すことにつながります。

こういった対話を経て出て来るアウトプットは、従来のものと全く異なります。そのチーム独特の、メンバーそれぞれの意見を反映した「特異解」であり、チームにとって重要な結論が導かれています。一部の人たちが満足しているだけで結果として誰もコミットメントしていない状態ではなく、メンバー全員の気持ちが入った当事者意識の高い結論が生まれるのです。これがイノベイティブなチームにとっては必須のプロセスです。

今回のワークショップは、次のような流れで進んでいきます。

ステップ1 踏み込んだコミュニケーションのための「聴く」&「訊く」トレーニング
ステップ2 レゴ®ブロックを活用したイノベイティブな集合知の生み出しかた
ステップ3 全員が当事者意識を持ち、確実に行動へ移すためのコミットメント

このワークショップを通して、個人として、自分自身が潜在的に感じていることを深く内観できるだけでなく、踏み込んだ「聴く」&「訊く」コミュニケーションを活用することで、チームのメンバーの意見を反映しながら未来像を生み出し、全員がオーナーシップを持てるチームづくりに役立ちます。

対象:
・チームリーダー、部下とのコミュニケーションに困っている人
・人を巻き込む必要のある立場の方(課長、主任、プロジェクトリーダーなど)
・組織そのもののアウトプットを変えたい人
・効果的なコミュニケーションの方法を体験したい人

【ファシリテーター】
蓮沼 孝 氏
( 株式会社ロバート・ラスムセン・アンド・アソシエイツ代表 )

詳細、お申し込みはこちらのリンクをクリック

2019-06-14

公開ワークショップのご案内

2019年7月20日(土)13:00~17:00@、新宿5丁目 Inbound League会議室にて、コミュニケーション方法の改革+LSPというテーマで公開ワークショップを開催することになりました。弊社代表の蓮沼孝がファシリテーションを担当します。
過去5年間(今年で6期目)企業内研修で実施した内容から、再構成したものです。今回、短時間でエッセンスを披露できるかを挑戦します。

LSPのワークショップの未経験な方には、新たなLSPの可能性に出逢う機会になると思います。

詳細と申し込みは以下のリンクからお願いします。

http://world-cafe.net/event/post-114.html


『戦略を形にする思考術 – レゴ®シリアスプレイ®で組織はよみがえる』

徳間書店より発売中。Amazon電子版にてお読みいただけます。

レゴ®シリアスプレイ®についての初めての日本語解説書です。

平易な説明でレゴ®シリアスプレイ®の概要やメソッド開発の経緯を知ることができます。

2017-12-13

LSP+リフレクションカード 公開ワークショップ

開催日時 : 2018年2月27日(火)

『なぜその一歩が踏み出せないのか?』
~リフレクションカード®とレゴ®シリアスプレイ®の技法と教材を活用したワークショップ~

リフレクションカード®とレゴ®シリアスプレイ®は、
どちらも深い内省や気づき、創造的な学習を支援する手法です。
そして、他者と対話をしながら進めていくことで、自分ではたどり着けない視点から、
自分自身、自分の課題を見つめなおすことができます。

ワークショップでは、レゴブロックを使って自分の課題や大切なものを見える化し、
それを異なる角度から見つめなおしていきます。
さらにリフレクションカード®を使って様々な視点から問いを投げかけられることで、
自分が課題だと思っていることが異なったものに見えてくるでしょう。
課題と自分との関係が変わることで、結果的に本来望んでいる行動につなげることが
今回のワークショップの目的です。

リフレクションカード®開発者の中島久樹氏(学びクリエイト代表)と
弊社代表 蓮沼孝の二人のコラボが実現した貴重な機会です。
2つの手法のパワーを実感し、本来の望みをかなえるための一歩を踏み出してください。

詳細はワールド・カフェ ウェブサイトをご参照ください。
http://world-cafe.net/event/post-92.html


『戦略を形にする思考術 – レゴ®シリアスプレイ®で組織はよみがえる』
徳間書店より発売中。Amazon他で是非お求めください。紙版、電子版の両方があります。
レゴ®シリアスプレイ®についての初めての日本語解説書です。
平易な説明でレゴ®シリアスプレイ®の概要やメソッド開発の経緯を知ることができます。

2017-11-19

LSP+リフレクションカード 公開ワークショップ

開催日時 : 2017年11月19日(日)

『なぜその一歩が踏み出せないのか?』~リフレクションカード®とレゴ®シリアスプレイ®の技法と教材を活用したワークショップ~

※ワークショップは満席となりました。次回は2018年2月27日(火)に開催予定となっています。

リフレクションカード®とレゴ®シリアスプレイ®は、どちらも深い内省や気づき、創造的な学習を支援する手法です。そして、他者と対話をしながら進めていくことで、自分ではたどり着けない視点から、自分自身、自分の課題を見つめなおすことができます。

ワークショップでは、レゴブロックを使って自分の課題や大切なものを見える化し、それを異なる角度から見つめなおしていきます。さらにリフレクションカード®を使って様々な視点から問いを投げかけられることで、自分が課題だと思っていることが異なったものに見えてくるでしょう。課題と自分との関係が変わることで、結果的に本来望んでいる行動につなげることが今回のワークショップの目的です。

今回はリフレクションカード®開発者の中島久樹氏(学びクリエイト代表)と弊社代表 蓮沼孝の二人のコラボが実現した貴重な機会です。2つの手法のパワーを実感し、本来の望みをかなえるための一歩を踏み出してください。

詳細はワールド・カフェ ウェブサイトをご参照ください。
http://world-cafe.net/event/post-87.html